fbpx

Blog

2020.08.7

ウォーキング 体験レポート

【TRAQとおでかけ】〜新スポット・すみだリバーウォーク&東京ミズマチでナイトウォーキング編〜

【TRAQとおでかけ】〜新スポット・すみだリバーウォーク&東京ミズマチでナイトウォーキング編〜

 今回は東京・浅草エリアにある新スポットとして、2020年6月18日に開業した「東京ミズマチ」、同日開通した「すみだリバーウォーク」に、ライターの波さんがナイトウォーキングに行ってきました。雨上がりの夜、TRAQの履き心地はどうだったのでしょうか?

 

浅草エリアとスカイツリーをつなぐ新スポット「すみだリバーウォーク」「東京ミズマチ」へ

 

すみだリバーウォークから見える東京スカイツリー

 今回は浅草や東京スカイツリーにほど近い「すみだリバーウォーク」と「東京ミズマチ」に行ってきました。

 「すみだリバーウォーク」は2020年6月18日に開通したばかりの新しい歩道橋で、浅草方面からスカイツリー方面へ隅田川を越えていくための最短ルートとなります。

 「東京ミズマチ」は浅草駅〜とうきょうスカイツリー駅(約1.2km)を結ぶようなかたちで、線路の高架下に商業施設が立ち並ぶ新スポット。こちらも川沿いに遊歩道が整備されています。

 夕方、日中降っていた雨が上がったことでウォーキングしたい気分になった私。スカイツリーを眺めながらのナイトウォーキングって楽しそう♪と思いつき、浅草駅からスカイツリーまでの道のりを歩いてきました。

 

スカイツリーを目指して、まずは「すみだリバーウォーク」を渡ります

 

すみだリバーウォークの入り口

 浅草駅を出てすぐに「すみだリバーウォーク」の入り口があります。とても歩きやすい新しく綺麗なウッドデッキです。 自転車は押して通行するルールになっているので、安心してウォーキングできます。

  雨上がりだったので路面が濡れていましたが、TRAQの靴底が路面をしっかり捉えて、滑ることはありませんでした。

 線路の真横に位置する歩道橋なので、電車が通るとガタガタと揺れて、ちょっとびっくり。線路と川面を間近に感じられ、非日常感も味わえました。

 

すみだリバーウォークを抜け、信号を渡って「東京ミズマチ」へ。水分補給も忘れずに!

 

東京ミズマチ

 すみだリバーウォークを通り抜け、信号を渡ると、「東京ミズマチ」に到着。隅田川に流れ込む北十間川沿いにあり、こちらも真新しい遊歩道が整備されています。レストランやカフェなどが立ち並び、川面がライトに映ってちょっと大人な雰囲気。東西2つのエリアに分かれているうちの東側、「イーストゾーン」はまだ建設中のようでした。

 

隅田公園

 西側の「ウエストゾーン」のすぐ横には「隅田公園」があります。春はお花見スポットとしても有名なのだそう。園内をウォーキングしたり、休憩するのにも良さそうですね。

 

ナイトウォーキング後の水補給

 コンビニで飲み物を調達し、しばし休憩。夜になって涼しくなったとはいえ、この日最高気温は30.6℃。スポーツドリンクが体に染み渡ります。

 初めての場所が新鮮で夢中で歩き回っていましたが、まだまだ歩けるつもりでも意外と疲れていたようです。こまめな水分補給や早めの休憩、大切ですね…!

 

そしてスカイツリーに到着! 専用アプリでナイトウォーキングの成果を振り返ります

 

 

スカイツリーの真下から

 ついにスカイツリーの真下に到着! 夜遅くまで東京を照らすようなライトアップを見上げて、しばし達成感に浸ります。

 この後、再び同じ道を駅までウォーキング。爽やかで心地よい疲れを感じながら帰宅しました。

 

ナイトウォーキングの歩数確認画面

 ナイトウォーキングの成果は《11,364歩、歩いた距離7.42km、消費カロリー244kCal》!

筆者が入っているアプリのグループでも、歩数ランキング1位です。やっぱり成果が目に見えるのは、素直にうれしいですね。

 

・まとめ

 

ナイトウォーキングの景色

 いつもは昼間に歩いているので、たまには夜に歩いてみよう! と軽い気持ちで決めたナイトウォーキング。夜の水辺は風がとても心地よく、気分転換にもぴったりでした。

 初めて行く場所は新鮮で、さらに夜の景色に見惚れながら、思ったよりたくさん歩けてしまったのもうれしい収穫でした。

 

Text・Photo:波(フリーライター)

お気軽にお問い合わせください

Contuct Us

アプリのダウンロードはこちら

Download on the Mac App Store GET IT ON Google Play